« 貧乏になる | トップページ | 目を逸らしているものがある »

2015年6月26日 (金)

国民と憲法の距離

国民と憲法の距離

ニコニコニュース:「反対するのは、ムカついているから」 学生グループが「安保法案」に怒りの訴え
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1659766?news_ref=top_latest

安倍首相が成立を目指す「安保関連法案」に反対する学生グループが6月24日夕、東京・永田町の参議院議員会館で記者会見を開き、「憲法にのっとった政治をするか、それとも憲法をガン無視した独裁を許すかという問題だ」と訴えた。

広く国民の意見を聞くことなく明治憲法は制定されました。現在の日本国憲法も国民的議論も国民投票もなく制定されました。もちろん明治憲法は枢密院で議論され、日本国憲法は当時の帝国議会で議論されました。でも、どちらも「国民的議論」は無かったし、国民投票はありませんでした。

現在の憲法に国民の意見は反映されていないのです。

   *        *        *

現在、安保法案は憲法違反だと非難されています、しかも憲法学者の多くが。しかし、国民の側からの非難はさほどありません。確かに支持率は下がったりしていますが、本当に憲法違反であるなら、そして、それが国民の定めた憲法に対しての違反であるなら、もっと凄まじい非難があるはずです。

いまの安部政権と安保法制への批判は上滑りしている感じがします。

   *        *        *

憲法違反だと非難されているのに、憲法を無視していると批判されているのに国民はたいして気にしていない。これは憲法が国民のものではなく、有識者(学者)や政治家の道具になってしまっているからではないでしょうか。

国民の意志を問うことのない(問うことの出来ない)憲法は学者や政治家の道具として権威と実効性を失いつづけるでしょう。

   *        *        *

日本の憲法は国民の審判を受けたことがない。この事実は記憶しておくべきだと思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 貧乏になる | トップページ | 目を逸らしているものがある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61794833

この記事へのトラックバック一覧です: 国民と憲法の距離:

« 貧乏になる | トップページ | 目を逸らしているものがある »