« どうでもいい | トップページ | その前は? »

2015年7月23日 (木)

国会は国民の声を反映していないのか?

国会は国民の声を反映していないのか?

47NEWS:【内閣支持率急落】政権立て直しに躍起 「逆効果」と懸念も
http://www.47news.jp/47topics/e/267352.php

攻勢をかける民主党にとって悩ましいのは「対案」の扱いだ。首相は「対案を出さない」と民主党批判を強めている。1月の民主党代表選で岡田克也代表と争った細野氏は 20日夜、 党内保守系議員と会合を開き、対案の早期策定を訴えた。しかし岡田、枝野両氏は「違憲の政府法案と同じ土俵には乗れない」として対案の国会提出には慎重で、党内に対立の火種が残る。

衆院では与党と野党の質問時間配分が1対9程度だったのを踏まえ、首相サイドは「与党の質疑時間を使って丁寧に答弁したい」(官邸筋)と巻き返しを目指す。

「衆院では与党と野党の質問時間配分が1対9程度だった」

衆議院では与党が3分の2以上の議席を持っている。なのに何故、質問時間が10%程度なのだ。国民多数の支持を得た人間に質問させないで国民の声を反映させることなど出来るのだろうか。

  *        *        *

少数派への配慮としても3分の2の議員が10%というのは酷すぎないか?

これでは国民の声は国会に届かない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« どうでもいい | トップページ | その前は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61939522

この記事へのトラックバック一覧です: 国会は国民の声を反映していないのか?:

« どうでもいい | トップページ | その前は? »