« 狼少年&ブーメラン | トップページ | 大丈夫か? »

2015年7月10日 (金)

お笑い

お笑い

中日新聞 社説:川内原発 なぜ説明できないの?
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2015071002000106.html

広範囲の住民がより詳細な説明を求めるのは当然で、九電にはその責任があるはずだ。

火山対策について、巨大噴火の兆候がもしあれば、原子炉を停止して核燃料を運び出せるという。

川内原発1号機では、核燃料の装填(そうてん)作業が始まった。二十四時間体制で四日がかりの作業である。

噴火の予測はかなうのか。核燃料を運び出す余裕はあるか…。素朴な疑問に十分な答えが出せない限り、再稼働は許されない。

もし、明日、九州電力あるいは気象庁が「巨大噴火を予知しました(あるいは可能性があります)」とでも発表したらどうなるだろうか。高い確率で、原発どころの話ではなくなるだろう。川内原発に影響があるような巨大噴火なら、九州南部は甚大な被害を受けるのだから。

   *        *       *

福島原発事故では漏洩した放射能では死傷者はゼロだが、津波では数千人が死んでいる。

   *        *       *

巨大噴火が予知されたら九州南部から避難しなければならない。西日本だけでなく東海地方・関東地方にだって大きな影響がある。大変な混乱と騒ぎになるだろう。

   *        *       *

予知への疑義、九州南部からの脱出騒ぎ、日本全国・あるいは海外での避難民受け入れ態勢の構築、火山灰への対策、経済的混乱、こういったものが次々と起こるだろう。その騒ぎの中で川内原発なんて忘れ去られるだろう(マスコミからは)。

   *        *       *

巨大噴火が起きたら川内原発がどうなるか心配することを間違っているとは言わない。しかし、全体として考えると、どこかピンと外れで「お笑い」になってしまっている。

これは部分的には正しくても全体を考えると間違っていることの一例だと思う。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 狼少年&ブーメラン | トップページ | 大丈夫か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61865712

この記事へのトラックバック一覧です: お笑い:

« 狼少年&ブーメラン | トップページ | 大丈夫か? »