« その前は? | トップページ | 現実は、もう少し厳しい »

2015年7月24日 (金)

大切なのは権力者の資質

大切なのは権力者の資質

J-CAST:安保関連法案反対「学者1万人」の中身 国際政治学者少なく、「シロウトばかり」の声も
http://www.j-cast.com/2015/07/21240759.html?p=all

もっとも、学者にまで反対の声が広がったとして、安保法案について再考を求める声も依然ある。そこでは、「安倍政権の大失敗の一つは、アカデミズムを完全に敵に回したことだな」「自公・安倍政権は、国民世論にいよいよ追い込まれて行く」「将来政権を担う権力者が戦争しようと思えばできる状態にしてはいけない」といった危惧が出ている。

非常時、権力者には自由を与えべきだ。何が出来て何が出来ないか細かく決まっているかどうかよりも、権力者の判断基準・判断能力がちゃんとしているかどうかの方がよっぽど大切です。

  *        *       *

「戦争しようと思えばできる状態」であって、その状態を上手に使い他国から譲歩を引き出すのが優れた権力者というものです。

  *        *       *

国家の基本は「暴力」です。ある地域で暴力を独占した者が国家となります。そして、独占した暴力を上手に使った国家が発展し、下手に使うと衰退します。十分な量の「暴力」を保持できなくなると国家は滅びます。

ですから、国家は「戦争しようと思えばできる状態」であることが当然なのです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« その前は? | トップページ | 現実は、もう少し厳しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61946008

この記事へのトラックバック一覧です: 大切なのは権力者の資質:

« その前は? | トップページ | 現実は、もう少し厳しい »