« 損得で考えて、付き合えない? | トップページ | 最低賃金 »

2015年7月28日 (火)

優先順位

優先順位

時事通信:「法的安定性は関係ない」=礒崎補佐官が発言、与野党から批判-安保法制
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2015072700851

礒崎氏は26日、大分市で講演し、「法的安定性は関係ない。わが国を守るために必要な措置かどうかを気にしないといけない」と発言。27日には記者団の取材に、「法的安定性が変わるからおかしいという議論だけで『憲法違反だ』という言い方はおかしいのではないか」と述べ、法案を「違憲」と主張する野党などに反論した。

これに対し、民主党の枝野幸男幹事長は27日、記者団に「礒崎氏は行政に関与する資格なしと言わざるを得ない」と述べ、更迭を要求。公明党の山口那津男代表は参院議員総会で「与党の側で政府の足を引っ張るような言動をする者が現れないよう、気を引き締めて取り組んでいきたい」と、不快感を示した。

「関係ない」という表現はいかがなものかとは思いますが、政治家の持つべき優先順位としては正しいです。

  *       *      *

「わが国を守るために必要な措置かどうか」と「法的安定性」のどちらが大切か。言葉を変えると「いのち」と「安定」のどちらが大切かということです。

「わが国を守る」、わが国、これには当然、日本国民の「いのち」も含まれます。

「法的安定性」これは、大雑把に言うと法律が変わらないことを言います。法律がコロコロ変わっては安心して生活出来ませんから大切なことです。

さて、「いのち」と「安定」どちらが大切ですかと問えば、「いのち」に決まっています。

  *       *      *

「安定」は容易に既得権益保護へと変化します。安定は大切ですが、警戒すべきものでもあります。

安定、法的安定を求めていると、いつのまにか既得権益を保護していました(金持ちを保護していました)ってことになりかねません。

  *       *      *

民主党は、とりあえずなんでも怒るのです。そんな印象をもったニュースでした。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 損得で考えて、付き合えない? | トップページ | 最低賃金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61971400

この記事へのトラックバック一覧です: 優先順位:

« 損得で考えて、付き合えない? | トップページ | 最低賃金 »