« 民主主義への影響は? | トップページ | 国会は国民の声を反映していないのか? »

2015年7月22日 (水)

どうでもいい

どうでもいい

47NEWS:【戦後70年世論調査】 改憲32%、変えない60%/経済発展、平和を評価/「平和主義」定着
http://www.47news.jp/47topics/e/267328.php

共同通信社は戦後70年に当たり、憲法改正の是非など国民の意識を探るため5~6月に郵送方式で世論調査を実施した。憲法について「このまま存続すべきだ」は60%で、「変えるべきだ」の32%を上回った。戦後の歩みの中で良かったこと(二つまで回答)は「国が復興し経済的に発展した」の55%、「他国と戦争せず平和だった」の54%が上位となった。

神学的憲法論争はどうでもいい。憲法九条を素直に読むと自衛隊は憲法違反です。それを合憲としているのであれば集団的自衛権だって合憲です。逆に言えば集団的自衛権を違憲とするなら自衛隊も解体しなければなりません。

でも自衛隊を解体しては日本国民の生命財産が危ない。だから神学的議論をして合憲にしている。そんな事が許されるなら、神学的議論をして自衛隊を合憲にできるなら、改憲なんて必要ありません。

  *       *      *

正直、憲法なんてどうでもいい。改憲なんて手間もお金もかかることをする必要があるのだろうか。

  *       *      *

国家にとって一番重要ななことは、国家の成り立ちとか人権とか言論の自由といった事ではなく、どうやって指導者を選ぶか・誰を国家指導者とするかだ。そこさえ間違えなければ国家は上手くゆく(社会の発展のために言論の自由は必須、優れた指導者なら言論の自由を保証する。そういった人間を指導者に据える方法や手続きこそ重要なのだ)。

  *       *      *

指導者がバカだったら、どんなに立派な国是や憲法があっても国は滅び民は苦しむのだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 民主主義への影響は? | トップページ | 国会は国民の声を反映していないのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61937945

この記事へのトラックバック一覧です: どうでもいい:

« 民主主義への影響は? | トップページ | 国会は国民の声を反映していないのか? »