« 既視感 | トップページ | 責任は誰にあるか »

2015年7月31日 (金)

デモと就職

デモと就職

朝日新聞:デモに参加すると就職に不利? 「人生詰む」飛び交う
http://www.asahi.com/articles/ASH7W5SYRH7WUTIL03M.html

安保法案に反対の声を上げる学生団体が注目され、若者が国会前に足を運んでいる。しかし、ネット上では「デモに行けば就職できない」という声が飛び交う。本当に就職に不利になるのだろうか。

都内に住む女子大生(19)は、衆院特別委の強行採決直後の15日夜、初めて国会前のデモに参加した。

家を出る前、母と祖母に「デモに参加して就職できなくなった人も昔はいたのよ」と言われた。「行動しないと気持ちがおさまらない」と1人で出かけたが、「就職に響くって本当かな」という心配も、頭の片隅に残った。

まず最初の問題は、デモに行ったこと自体を企業は知ることができるかと言うことです。知らないのであれば影響のしようがありません。

  *       *      *

防衛産業などで機密に関わる企業でもなければ、政府も公安の情報を渡したりはしないでしょう。つまり一般企業はデモ参加者の情報を知りようがありません。

ただし、参加者が代表やって新聞に載ったり、本人がツイッターなどで実名で参加をつぶやいていたりしてたら別ですが。

  *       *      *

なので、自分はデモ参加が影響する可能性は高くないと思っています。しかし、気になることもあります。参加者が視野狭窄になっていないかと言うことです。

デモに限りませんが仲間内での価値観に人間はしばられがちです。判りやすいのは学生のサークルやグループでしょうか。仲間内では当然のことが社会では通用しないなんてことは良くあることです。仲間内で盛り上がってヤラカシタことがとんでもない結果を招いたりすることもあります。

  *       *      *

デモに参加すると、自分と同じ主義主張・思想・価値観を持った人間と出会います。そしてデモはイベントでお祭りで非日常です。ハマる要素は十分にあります。イベントによる高揚感・仲間意識・自分の意見と同じ言葉、これは思考の柔軟性や自省心を失わせかねません。

  *       *      *

就職に関して言うと、自省心を失った状態で就職活動をすること、例えば(面接など)で政治的主張をしてしまう・就職や企業自体にネガティブな先入観を持ってしまうこと、これは心配すべきです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 既視感 | トップページ | 責任は誰にあるか »

コメント

昭和22年生まれです。会社の先輩が人事課長をやってました。学生運動をやっていた奴と童話とそうかは取らないと言ってました。
理由はもめ事を起こすから。立派に働いてくれれば 何の問題もないとも言ってました。

遠い親戚に同年生まれの男がいました。
学生運動はやっていなかったのですが 集会などに数回参加していて疑われて4年生の夏まで就職が決まりませんでした。
当時は3年生の夏には決まるのが普通でした。
でも協和発酵に就職しましたよ、そして定年まで勤めて部長でした。

息子が数年前に就職しましたが、最近は思想調査とか家庭環境の調査は やらないようだと言ってました。
しかし裏では こっそりやっている会社もあるかもしれません。

投稿: 八目山人 | 2015年8月 1日 (土) 09時39分

逆バージョンの方が大変です。
つまり人事課長とか部長が 隠れ共産党で、思想調査をやって左翼思想の人間ばかり取るという事です。

これで朝日新聞とかNHKがおかしくなったと言われています。

投稿: 八目山人 | 2015年8月 1日 (土) 10時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61994276

この記事へのトラックバック一覧です: デモと就職:

« 既視感 | トップページ | 責任は誰にあるか »