« 現実世界を見ない人々 | トップページ | 苦笑 »

2015年7月21日 (火)

集団的自衛権とデモと選挙

集団的自衛権とデモと選挙

47NEWS:「アベ政治許さぬ」紙掲げ 全国一斉、反対示す 国会前に5千人
http://www.47news.jp/47topics/e/267247.php

安全保障関連法案の成立を目指す安倍政権に反対の意思を示そうと、「アベ政治を許さない」とのメッセージが書かれた紙が18日、全国各地で一斉に掲げられた。



米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部に近い米軍キャンプ・シュワブ前でもメッセージが掲げられた。那覇市の会社員 古堅克子 (ふるげん・かつこ) さん(51)は「基地押しつけと同じで強引。国民の意見を無視するやり方は許せない」と批判した。

「『アベ政治を許さない』とのメッセージが書かれた紙が18日、全国各地で一斉に掲げられた」

集団的自衛権の容認に反対するのは結構ですが、その方法がデモというのはいかがなものでしょうか。いえデモが悪いというつもりはありませんが、多数が同じプラカードを掲げてのデモには威圧感があります。引用元の記事にある写真を見ると迫力と言うか威圧感があります。

集団で威圧する。集団的自衛権の行使などと言うと言い過ぎですが、その萌芽であるとは言えるでしょう。

私には彼等が、集団的自衛権に反対しているのでれば、自分達の行為に無自覚すぎると思います。それとも「今回の」集団的自衛権に反対であるならば、同盟相手について具体的に述べるべきです。

  *        *       *

「『基地押しつけと同じで強引。国民の意見を無視するやり方は許せない』と批判した」

民主党から自民党への政権交代がおきた選挙の時、安倍さんを批判する言葉がさんざん述べられました。安全保障について安部政権が行おうとしていることは、その時に述べられていました。つまり国民は可能性があることを知った上で安部政権を選択したのです。

国民の意見を無視するという批判はあたりません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 現実世界を見ない人々 | トップページ | 苦笑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/61926989

この記事へのトラックバック一覧です: 集団的自衛権とデモと選挙:

« 現実世界を見ない人々 | トップページ | 苦笑 »