« 民主国家での暴動は暴動で終わる | トップページ | 善意は信じようよ »

2015年8月21日 (金)

ドイツは再び

ドイツは再び

ロイター:ドイツ、今年流入する難民は過去最多80万人予想
http://jp.reuters.com/article/2015/08/20/ger-idJPKCN0QP0DW20150820

EU最大数の難民を受け入れるのはドイツで、スウェーデンがこれに続く。

ドイツは長らく難民を熱心に受け入れてきた。一つにはナチスの迫害を受けた50万人のユダヤ人や反対派が80カ国に難民として受け入れられた過去があるためだ。

1992年に旧ユーゴスラビア紛争の難民など43万8191人を受け入れたのがこれまでの最高。その後の規制強化で2008年には2万8000人まで減ったが、近年は増加の一途をたどる。

ベルリン、ミュンヘン、ハンブルクなど主要都市では宿泊施設が不足し、難民申請の処理が追いつかない状況だ。急増する移民に対し、ドイツ各地で放火事件や激しい抗議デモが発生している。

ユダヤ人を迫害したことの反動として「ドイツは長らく難民を熱心に受け入れてきた」、しかし、社会に負担をかけすぎて「急増する移民に対し、ドイツ各地で放火事件や激しい抗議デモが発生」している。

  *        *        *

しかし、「放火」ですか。抗議デモやヘイトスピーチといったものでは(直接の)死傷者は出ませんが、放火では死者がでかねません。そこまでドイツの状況は悪化しています。日本の状況どころではありません。

  *        *        *

人道的な考えで移民・難民を受け入れ保護する。それ自身は悪いことではありません。しかし、社会で受け入れられる限界を超えて受け入れてしまうと、様々な反発が起きてしまいます。そういった反発は人間の本能に根ざしたもので、しかも片方が攻撃してしまうと、もう片方も反発してスパイラルに陥ってしまいます。

やりすぎないようにしないと取り返しのつかない事が起きてしまいます。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 民主国家での暴動は暴動で終わる | トップページ | 善意は信じようよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/62129455

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツは再び:

« 民主国家での暴動は暴動で終わる | トップページ | 善意は信じようよ »