« 「呪殺」は失敗デモ | トップページ | いつまで、どれだけ? »

2015年8月29日 (土)

お前が言うな

お前が言うな

人民網日本語版:米国は一体日本の何を「歓迎」しているのか? (2)
http://j.people.com.cn/n/2015/0828/c94474-8942685-2.html

安倍首相に対する米国の「歓迎」が、同盟関係を道義的責任よりも重視するものであることは明らかだ。小さなグループの利益のために、米国は日本が今後向かう方向が周辺国の重大な懸念を引き起こしていることを顧みず、安倍首相のいわゆる「積極的平和主義」理念を支持している。安倍談話を「歓迎」する声明で、米国は日本が「国際平和・繁栄への貢献を今後拡大すると保証した」ことを重視した。米国は自衛隊が米国による地域や世界での行動により円滑に参加できるよう、日本の集団的自衛権の行使容認を後押ししている。

だが、自らの利益のみを追求しては他の国々の尊敬と同意を勝ち取ることはできず、反対に地域安定の足手まといとなるということを米日ははっきりと認識するべきだ。日本は歴史を直視して初めて、真に「歓迎」されうる。

南シナ海や東シナ海で起こしていること、様々な会見での偉そうなもの言い、そういった事を記憶していると、「自らの利益のみを追求しては他の国々の尊敬と同意を勝ち取ることはできず」という部分で、思わず「お前が言うな」とツッコミを入れたくなります。

「日本は歴史を直視して初めて、真に『歓迎』されうる」と言う部分でも、中国の歴史改竄というか好きなように解釈しているのを見ると「お前が言うな」と言いたくなります。

  *       *      *

人間の出来ることには限界があります。中国は人間にとって大きすぎて、内部抗争・国内での政治的立場の確保に力を使いすぎて、国外にまで気を配ることが出来ないのかもしれません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 「呪殺」は失敗デモ | トップページ | いつまで、どれだけ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/62175671

この記事へのトラックバック一覧です: お前が言うな:

« 「呪殺」は失敗デモ | トップページ | いつまで、どれだけ? »