« 共産党のセカンドレイプ | トップページ | 裏切りを呼びかける者を信用できるのか »

2015年8月25日 (火)

ごめん...

ごめん...

琉球新報 社説:北東アジア共同体 「心に響く案」追求したい
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-247786-storytopic-11.html

「平和学の父」と称される人の発言は示唆に富み、考えさせられるところ大であった。

ヨハン・ガルトゥング博士が来沖して講演し、「北東アジア共同体」設立が歴史の趨勢(すうせい)だと強調した。その上で「沖縄ほどその本部を置くのに適した場所はない」と述べ、沖縄がいち早く本部設置に名乗りを上げるよう提言した。

博士自身「沖縄へのおべんちゃらで言うのではない」と述べた通り、単に沖縄側を勇気づけるための空想的な話ではなかった。「欧州連合(EU)の拠点はブリュッセル(ベルギー)やルクセンブルクにある。大国の大都市は意識的に選ばなかった」と説く。沖縄がかつて独立国で、各国からほぼ等距離にある点をも重視した提言だった。

ごめん、ふきだしちゃった。

東北アジア共同体?つまりは、日本・中国・韓国・北朝鮮だよね。この四ヶ国が共同体....だって。

  *        *       *

沖縄が良い場所にあることは認める。日本・中国・韓国・北朝鮮か共通に集まれる場所としては(台風がくることを除けば))文句のつけようがない。でも...東北アジア共同体?....ってところで笑ってしまいました。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 共産党のセカンドレイプ | トップページ | 裏切りを呼びかける者を信用できるのか »

コメント

欧州銀行はドイツだし、欧州軍はフランスだし、別に小国に限った話じゃないね

投稿: | 2015年9月 8日 (火) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/62155631

この記事へのトラックバック一覧です: ごめん...:

« 共産党のセカンドレイプ | トップページ | 裏切りを呼びかける者を信用できるのか »