« 共産党は原発よりも嫌われている | トップページ | パチンコと介護 »

2015年8月12日 (水)

原発再稼働を歓迎する

原発再稼働を歓迎する

47NEWS:川内1号機が臨界 エネルギー政策、原発回帰
http://www.47news.jp/CN/201508/CN2015081101001996.html

九州電力は11日、川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)の原子炉を起動し再稼働させた。11日午後11時には核分裂反応が安定的に持続する「臨界」に達した。14日に発電と送電を開始する。国内の全ての原発が停止した「原発ゼロ」状態は終わり、日本のエネルギー政策は原発に回帰。「核のごみ」問題など課題が山積し、世論の反対も根強い中、安倍政権は新規制基準に適合した原発の再稼働を進める方針だ。

電力業界や経済界は「大きな一歩が踏み出された」(経団連の榊原定征会長)と歓迎。一方、国会前や川内原発前では市民団体が「福島の事故を忘れるな」などと訴える抗議集会を開いた。

1基だけですが、ようやく原発が再稼働しました。よい機会ですので、原発についての自分の考えを述べてみたいと思います。もちろん素人レベルですし、まとまりのないものですが。

  *        *        *

再稼働を歓迎します。日本は原発を手放すべきではありません。

  *        *        *

安全神話と危険神話は崩壊しました。

安全神話は崩壊しました。次の事故がいつになるかは判りませんが、いつか次の事故が起きるでしょう。人間が無限の時間に渡って無過失で仕事をすることは出来ません。不幸な偶然が重なり事故が起きるのは確実です。事故は起きないなんて思ってはなりません。

そして、危険神話も崩壊しています。福島原発事故が起きる前、原発事故に対してどんなイメージを持っていたでしょうか。福島原発で水素爆発が起きたとき、どうなると思ったでしょうか、どう感じたでしょうか。その恐怖をもたらしたものが危険神話です。そして、実際にはどうなったでしょうか。

漏洩した放射能での死傷者はゼロ。これが現実です。仮に避難しなかったとしても多数の死傷者が出たとは思えない。事故前に持っていた原発事故のイメージからはかけはなれているのです。

  *        *        *

そして、何故か、原発事故で漏洩した放射能で死傷者が出ていないことを誰も話しません。巨大噴火で原発がどうなるか心配しても死傷者数については話しません。

何かゴマカシ、あるいは死傷者数を言いたくない理由があるのです。

  *        *        *

化石燃料はいつかは枯渇します。その時、原発は力になるでしょう。原発の技術と経験は絶対に失ってはなりません。再生可能エネルギーのみでは経済は成り立ちません。

原発を放棄できるとしたら、夢の技術ですが、宇宙太陽光発電が実用化した時でしょう。

  *        *        *

核のゴミは政治問題です。現実的な時間、数百年?程度でよければ、場所は多くあるでしょうし、10万年と言うのであれば、日本海溝の最深部に捨てれば良い。そうすれば地球の内部に取り込まれて行くでしょう。

廃棄方法・廃棄場所が決まらないのは、技術の問題ではなく、地元自治体などの反対によるもの。つまり政治問題です。

政治問題であるが故に、突然解決する可能性もあります。

  *        *        *

福島原発事故から約4年半経過しました。福島でも日本全土でも、漏洩した放射能での死傷者は出ていません。

4年半経過しても、放射能による障害や障害は確認されていないのです。

  *        *        *

まとまりがなくて、すみません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 共産党は原発よりも嫌われている | トップページ | パチンコと介護 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/62066304

この記事へのトラックバック一覧です: 原発再稼働を歓迎する:

« 共産党は原発よりも嫌われている | トップページ | パチンコと介護 »