« 第二次大戦だけが戦争か? | トップページ | 事故情報の共有 »

2015年8月19日 (水)

指示も行動も問題ない、問題あるとすれば情報管理

指示も行動も問題ない、問題あるとすれば情報管理

しんぶん赤旗:自衛隊統幕監部の内部文書 防衛省が存在認める 中谷防衛相の指示うけ作成 主要幹部のビデオ会議で使用
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-08-18/2015081801_01_1.html

防衛省の黒江哲郎防衛政策局長が同日、井上議員に文書全文を提出し、事実経過を説明。それによると、法案の閣議決定翌日である5月15日、中谷氏が法案の自衛隊内部への徹底とともに、今後必要になる事柄について分析・研究するよう指示。これを受けて統幕が文書を作成しました。ただ、黒江氏は「大臣は指示を出したが、文書を見ていない」と弁明しました。

取締役が経営上の大きな課題について提案を作成する。正式決定は株主総会でなけれな出来ないけれど、決定された場合の実施計画を作っておくこと、作る過程でさまざまなシミュレーションを行い問題点や課題を洗い出しておくことは、有能な組織であれば当然ではないでしょうか。決定がされたら迅速に動けるようにしておく、何がいけないのでしょうか。しかも上長の指示もあるのです。

私には共産党が何を非難しているのか理解でできません。

  *        *        *

私は、中谷氏の指示も自衛隊の行動にも問題を感じません。いえ、問題があるとしたら、何故、この内部文書が共産党に渡ったのかという情報管理の問題です。例え機密ではなく法的な問題がなかったとしても、出すつもりの無い文書が外部に出たのであれば、それは情報管理上の小事故と言えます。小さな事故を防ぐことで大きな事故を減らすことが出来るのですから疎かにしてはなりません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 第二次大戦だけが戦争か? | トップページ | 事故情報の共有 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/62112359

この記事へのトラックバック一覧です: 指示も行動も問題ない、問題あるとすれば情報管理:

« 第二次大戦だけが戦争か? | トップページ | 事故情報の共有 »