« 正義はたくさんあるのでは | トップページ | 共産党は原発よりも嫌われている »

2015年8月11日 (火)

靖国参拝と同程度の影響

靖国参拝と同程度の影響

毎日新聞:
http://mainichi.jp/select/news/20150811k0000m030042000c.html
韓国大統領:北京の抗日戦勝行事参加で苦慮…米中の板挟み

韓国はさらに、安倍晋三首相の動向を気にしている。首相が、記念行事前後に訪中するとの見方が一部にあるためだ。訪中で日中首脳会談が実現すれば、朴政権は「日中接近の中で孤立」という非難を国内で受けることになる。

一方、日米の思惑に振り回されすぎる必要はないとの見方もある。韓国外語大の中国専門家、黄載皓(ファン・ジェホ)教授は「THAADの問題と違って、式典への出席は米中どちらかにダメージを与えるものではなく、単純にメンツや名分の話だ。参加すれば日本や米国は不快に思うだろうが、それは一時的なものにとどまる」と主張している。

靖国参拝も実質的なダメージはありません。「単純にメンツや名分の話」、「参加すれば~不快に思うだろう」という意味で、靖国参拝と北京の抗日戦勝行事参加は同じです。

  *        *       *

中国は(共産党政府が続く限り)定期的に対日勝利の式典を開くだろう。その度に韓国は踏み絵を迫られることになるだろう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 正義はたくさんあるのでは | トップページ | 共産党は原発よりも嫌われている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/62059818

この記事へのトラックバック一覧です: 靖国参拝と同程度の影響:

« 正義はたくさんあるのでは | トップページ | 共産党は原発よりも嫌われている »