« ドイツは再び | トップページ | 連続の論理/最初にカットされるのは »

2015年8月22日 (土)

善意は信じようよ

善意は信じようよ

しんぶん赤旗:国会前抗議行動 「戦争は悲惨 絶対ダメ」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-08-21/2015082101_02_1.html

戦争法案を必ず廃案に追い込もうと20日夜、同法案に反対する毎週木曜日の国会前集会がおこなわれました。衆院第2議員会館前を中心に、雨が降るなか、2300人が参加。「9条による信頼こそ日本の宝」など、思い思いの言葉が書かれたプラカードやうちわ、タオルを首にかけ、「戦争法案 今すぐ廃案」とコールしました。

相手に悪意を感じてしまうと交渉ができなくなると言うか、交渉・協働ではなく戦いになってしまう。もちろん戦いも交渉の一つの形式ではあるけれども。

    *        *        *

安保法案に対しての共産党の態度を見ていると、「安倍自民党政権は戦争をしたがっている。平和を望んでいないのだ」という見方をしているように思う。PRの戦術なのかもしれないけれど、引用した記事のタイトル「国会前抗議行動 『戦争は悲惨 絶対ダメ』」は、安倍政権が戦争を望んでいるかのようだ。

    *        *        *

安倍さんが戦争を望んでいるのかいないのか、平和を望んでいるのかいないのか、本心は(心の底は)判りえないことです。しかし、戦争を望んでいないし平和を望んでいると「信じて」、その方法論を議論するべきではないでしょうか。

「お前は戦争を望んでいる」と気持ちを問題にしてしまうと、単なる言い争いにしかなりません。それは証明のしようのない(心の内側に対しての)決め付けと言い訳にしかなりませんから。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« ドイツは再び | トップページ | 連続の論理/最初にカットされるのは »

コメント

小室直樹著作「新戦争論」では個人の良心で平和は保てないってなこと書いてありました。

投稿: kan | 2015年8月23日 (日) 16時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/62131888

この記事へのトラックバック一覧です: 善意は信じようよ:

« ドイツは再び | トップページ | 連続の論理/最初にカットされるのは »