« 同化しないと | トップページ | 自衛隊は違憲? »

2015年9月15日 (火)

「戦争法案いますぐ廃案」?無理だから。

「戦争法案いますぐ廃案」?無理だから。

ロイター:国会前、再び反安保大規模集会
http://jp.reuters.com/article/2015/09/14/idJP2015091401001822

作家の大江健三郎さんは「法案が成立すれば、平和憲法の下の日本はなくなってしまう」と危機感を表明。一方で「特に若い人たちが力強い声を発している。『希望はない』とふさぎこむことはできない」と述べた。

参加者はペンライトを振りながら「戦争法案いますぐ廃案」「強行採決絶対反対」とシュプレヒコールを繰り返した。

廃案と言うのは「国会の期末がきても議決がされない」ってことだから、「いますぐ」って無理。国会の期末、つまり9月27日まで、どんな法案も「廃案」にすることは出来ません。否決は、当人達が決断すれば「いますぐ」できますが、廃案は期限が来るまで無理なのです。

  *        *        *

シュプレヒコールに文句を言っても仕方ないのかも知れませんが、彼等は無理な事を言っていることは無視できません。戦前戦中の「鬼畜米英」のような、語呂・語感は良いけれど、現実には無理な言葉を使っているのです。

そういったスローガンを使って呼びかける人々を私は信用しません。大人の事情で一緒に叫ばないといけないときは自分も一緒に叫んだりしますが、その組織から全力で逃げ出す算段をするでしょう。いっしょにいたら死んでしまいかねないですから。

  *        *        *

ノリの良い言葉で民衆を刺激することが必要ま場面もあるでしょうから、運動家を非難はしません。ですが、受取側は判っていなければなりません(これもメディアリテラシー?)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 同化しないと | トップページ | 自衛隊は違憲? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/62283933

この記事へのトラックバック一覧です: 「戦争法案いますぐ廃案」?無理だから。:

« 同化しないと | トップページ | 自衛隊は違憲? »