« 原理的に無理 | トップページ | 感情と変質 »

2015年9月 4日 (金)

騒ぐだけだから

騒ぐだけだから

毎日新聞:安保法案:「安保条約議論なぜない」 山口・元最高裁長官、国会論戦に疑問
http://mainichi.jp/shimen/news/20150904dde041010037000c.html

−−砂川事件最高裁判決は法案が合憲だとする根拠になるのか。

◆旧日米安全保障条約を扱った事件だが、そもそも米国は旧条約で日本による集団的自衛権の行使を考えていなかった。集団的自衛権を意識して判決が書かれたとは到底考えられない。憲法で集団的自衛権、個別的自衛権の行使が認められるかを判断する必要もなかった。

−−国会での論戦をどう見るか。

なぜ安保条約の改定の話が議論されてないのか疑問だ。今の条約では米国のみが集団的自衛権を行使する義務がある。(法案を成立させるなら)米国が攻撃を受けた場合にも、共同の軍事行動に出るという趣旨の規定を設けないといけない。ただ条約改定となると、基地や日米地位協定なども絡み、大問題になるだろう。

「なぜ安保条約の改定の話が議論されてないのか」

議論されていない理由は、野党は(議論をしたいわけではなくて)政権を攻撃する理由が欲しいだけだからじゃないでしょうか。

  *        *        *

憲法九条を素直に解釈すると日米安保も自衛隊の存在も違憲だとなりかねません。その部分をおなざりにしての政権攻撃ですから表面的なものに止まります。集団的自衛権が日米安保の改訂・日本の地位向上につながるなんてことも言いたくないでしょうし。

  *        *        *

野党は「政権が困りさえすればなんでも良い」というふうに行動しているように私には思える。成立までの時間稼ぎが野党の目指すものだ。

だから議論は深まらない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 原理的に無理 | トップページ | 感情と変質 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/62218290

この記事へのトラックバック一覧です: 騒ぐだけだから:

« 原理的に無理 | トップページ | 感情と変質 »