« 自民党の方が多様なのでは | トップページ | 憲法が国民のものであるならば »

2015年9月 9日 (水)

なにがいけない?

なにがいけない?

北海道新聞:防衛相、米軍防護対象拡大に言及 朝鮮半島有事で、野党は批判
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/politics/1-0177768.html

中谷元・防衛相は9日の参院平和安全法制特別委員会で、朝鮮半島有事の際に集団的自衛権行使が可能な「存立危機事態」と認定すれば、日本へのミサイル発射を警戒中のイージス艦以外の米軍艦船や戦闘機にも防護対象が広がる可能性に言及した。質問した民主党の大野元裕氏は「際限なく対象が拡大してしまう」と批判した。16日採決を目指す与党に対し、野党がより詳細な政府答弁が必要だとして審議継続の主張を強めそうだ。

中谷氏は「事態の拡大抑止、早期収拾のため活動している航空機などの防護措置を実施する。対象はイージス艦に限らない」と述べた。

日本が「存立危機事態」になったときに、日本と共に行動している同盟国の艦船を防護して何が悪いのでしょうか。

民主党は「『際限なく対象が拡大してしまう』と批判」しているようですが、「存立危機事態」かどうかで縛りがかかっています。本当の危機の時に、イージス艦だから戦闘機だから揚陸艦だからとうんぬんかんぬんと議論している時間があるのでしょうか。ざっくり同盟軍と共同戦線を張るで良いのではないでしょうか。

  *        *        *

後方の安全な場所で法律論を論じている人間には、現場で殺される人間なんて視野に入らないのかもしれませんが。

  *        *        *

問題の本質は「存立危機事態」の判断をする人間を正しく選ぶことが出来るかどうかという点にあります。それさえ出来ていれば、大きな問題はありません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 自民党の方が多様なのでは | トップページ | 憲法が国民のものであるならば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/62250716

この記事へのトラックバック一覧です: なにがいけない?:

« 自民党の方が多様なのでは | トップページ | 憲法が国民のものであるならば »