« 平和国家? | トップページ | 日本社会党の再現 »

2015年9月20日 (日)

英霊に

英霊に

朝日新聞:夫含む230万の死、その対価に9条ある
http://www.asahi.com/articles/ASH9B3WJ7H9BUPQJ005.html?iref=comtop_6_02

料理研究家の辰巳芳子さん(90)は、病床へ食の喜びを届ける「いのちのスープ」運動で知られる。料理と執筆中心の静かな日常ながら、日本の将来を考えると不安になる。思い出すのは結婚わずか20日で出征した夫のこと。心配なのは日本の食卓の先行き。「いのち」の尊さを原点に、思索は戦争と食の間を縦横に行き来した。

「英霊に申し訳ない」と戦争を止められなかった戦争指導者。「230万の死、その対価に9条ある」と思う護憲派の方々。

似ている

  *        *        *

心情的には、どちらも理解できる。人間として失ってはならない心だと思う。しかし、一方で、死んでしまったものは死んでしまったもので、どうにもならないので、囚われるのは間違いだとも思う。

国家の行く先を考えるとき、心はもちろん大事だけれど、冷酷で合理的な計算も必要だ。

  *        *        *

世の中に流れるニュースや言論を眺めていると、感情にとらわれた言葉が多すぎ、冷酷で合理的な言葉が少なすぎると感じてしまう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 平和国家? | トップページ | 日本社会党の再現 »

コメント

 所詮、朝日も支那の工作新聞。早く営業停止処分して支那で商売してもらったら良いでしょう。
 GHQに一度営業停止処分されただけで反日・売国新聞になるんだから思想も分別もない、ただの国民を欺いて金を稼ぐ詐欺新聞と言えると思います。
 ”バカも休み休みに言え”と言いたいです。

投稿: しょうちゃんのつぶやき | 2015年9月20日 (日) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/62302356

この記事へのトラックバック一覧です: 英霊に:

« 平和国家? | トップページ | 日本社会党の再現 »