« 自衛隊は違憲? | トップページ | 自由と安全 »

2015年9月16日 (水)

採決の時期です

採決の時期です

BLOGS:安保法案「国民の理解が進まないなかでの採決はありえない」会見で榛葉参院国対委員長
http://blogos.com/article/133530/

安全保障関連法案の審議をめぐっては、同日の参院安保特別委員会の冒頭で16日に地方公聴会を神奈川県で開くことが全会一致で議決されたとして、これを受け参院議院運営委員会の理事会でも了承される見込みだと報告。「自民党の吉田国対委員長には再三再四にわたって『地方の声を聞かずしてこの法案の審議を前に進めることはできない』と申し上げてきたが、地方公聴会の開催が決定したことは評価したい。しっかりと地方の声を聞いてきていただき、これを受けて定例日の18、25日と、議論を深めていきたい」と述べた。同日行われた同委員会の審議についても、「いっこうに議論がかみ合わず、審議を聞いている国民の皆さんは、はてなマークが頭の中をぐるぐる回っているのではないか」と指摘。

これ以上議論しても意味がなくなったら、理解できていようが出来ていなかろうか、採決し結論を出さなければならない。

  *        *        *

議論は1人ではなできない。自民党だけで話している訳ではない。自民党と民主党・共産党などの野党で言葉を交わしている。

「審議を聞いている国民の皆さんは、はてなマークが頭の中をぐるぐる回っているのではないか」と言うのが正しいとして(私も正しいと思うが)、その責任の一部は民主党にもある。

  *        *        *

様々な世論調査が行われ、安保法案への理解度について質問している。その結果、法案のの理解が出来ているとは言い難い。では、野党が何を言っているのかは理解されているのだろうか。私には、野党が何を言っているのか理解できない時が多々あるのだが、国民の多数は理解できているのだろうか。

私は、野党は与党以上に理解されていないと思う。

  *        *        *

理解されていない話を延々とするのは無駄でしかない。とっとと採決してしまうべきだ。

  *        *        *

問題は私たち国民が正しく指導者を選択しているかどうかだ。そこで大きな間違いがなければ、大禍なく過ごせるだろう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 自衛隊は違憲? | トップページ | 自由と安全 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/62290131

この記事へのトラックバック一覧です: 採決の時期です:

« 自衛隊は違憲? | トップページ | 自由と安全 »