« 山本太郎は何故謝る? | トップページ | 日本国憲法は国民の武器となるか? »

2015年9月26日 (土)

報道の分量

報道の分量

レコードチャイナ:ジャイアンの名言をもじってフィリピン大統領が中国に皮肉
http://www.recordchina.co.jp/a119737.html

アキノ大統領はインタビューで、中国は南シナ海での共同開発を提案しているが、戦略的に重要な意義を持つ海域ではほほすべてで主権を主張していると指摘。中国の言っている意味は「俺のものは俺のもの、おまえのものはみんなのもの」ということだと皮肉を述べた。また、日本で成立した安保法案については大いに称賛した。

安全保障関連の法律が成立したことについて、アメリカ、中国、韓国の反応は報道されていますが、東南アジアの国々の反応は、ほとんど報道されていません。注意して見ていれば気がつくというレベルです。

  *        *        *

国際社会での存在感や経済規模で考えたら、中国の報道が多く、フィリピンなどの報道が少ないのも当然かもしれません。

しかし、報道は「大国だから多い」だけで良いのでしょうか。特に、東南アジアの国々は、安全保障・集団的自衛権の行使で影響を受ける国なのだから、報道されるべきです。

  *        *        *

それらの国々が、成立を歓迎しているから報道されない、なんてことは無いと思いますけれど。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

訂正 2015/09/26 07:57
 訂正前:思います。
 訂正後:思いますけれど。
*)意味は変わりませんが、ニュアンスが変わるので....

|

« 山本太郎は何故謝る? | トップページ | 日本国憲法は国民の武器となるか? »

コメント

日本のマスコミは中国政府と報道協定を
結んでいて、あまり中国に対して
都合の悪いものは、流さないようです。

投稿: にゃ | 2015年9月26日 (土) 07時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/62354379

この記事へのトラックバック一覧です: 報道の分量:

« 山本太郎は何故謝る? | トップページ | 日本国憲法は国民の武器となるか? »