« 憲法が国民のものであるならば | トップページ | 何故だろう? »

2015年9月10日 (木)

飽きた

飽きた

BLOGS:【東京】「これは主権者と独裁を始めようとする者の戦いだ」日比谷集会で枝野幹事長
http://blogos.com/article/133127/

枝野幸男幹事長は9日、市民団体が東京・日比谷野外音楽堂で開いた「戦争法案廃案・安倍政権退陣9.9日比谷大集会」に出席しあいさつした。

枝野幹事長は、 「日本の立憲主義と民主主義が破壊されようとしている。それを全力で止めるのが国会で議席を預かる者の責任だ」と、徹底的な審議を求めて戦う決意を述べた上で、「これは主権者と独裁を始めようとする人の戦いだ。国会の内・外は関係ない。あらゆる立場を乗り越えて、立憲主義と民主主義を守るために暴力を伴わないあらゆる手法で戦っていこう」と力強く呼びかけた。

「民主主義が破壊されようとしている」

秘密保護法の時にも、似たような事をいってませんでしたっけ。で、何か起きましたっけ?

   *        *        *

自民党は政権与党で、現実に対応しなければならず、現実は変化するものだから、新しい法案や政策を出してくる。それに対しての批判が「民主主義の破壊」とか「独裁」などばっかりで飽きちゃいました。

   *        *        *

政治に始めて興味を持ったような人間なら乗ってくれるかもしれませんが、政治に関心を持って、起きたことを記憶しようと(起きたことから学ぼうと)している人間にとっては、同じような危機感を煽る言葉を繰り返していては、世界の終末を言い立てる宗教家や予言者のような扱いになってしまいます。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 憲法が国民のものであるならば | トップページ | 何故だろう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/62256213

この記事へのトラックバック一覧です: 飽きた:

« 憲法が国民のものであるならば | トップページ | 何故だろう? »