« 騒ぐだけだから | トップページ | 「面倒」とは、どういうことか »

2015年9月 5日 (土)

感情と変質

感情と変質

ロイター:英首相が方針転換、シリア難民を数千人受け入れへ
http://jp.reuters.com/article/2015/09/04/europe-migrants-britain-cameron-idJPKCN0R41BV20150904

英国のキャメロン首相は4日、「数千人」のシリア難民を受け入れる方針を示した。トルコ海岸で溺死した幼児の写真が欧州全体で大きな波紋を呼び、難民受け入れに消極的だったキャメロン首相の姿勢を変えた形。

悲惨な事件・事故があって社会に影響を与える。対策が取られる。その結果は長期に渡って影響を及ぼす。

  *        *       *

悲惨な(感情的な)写真が難民を受け入れることを許す。そして難民は社会の軋轢の原因となる。す難民を拒否するようになる。そして、ふたたび悲惨な事件事故が起きる。振り出しに戻る。

しかし、一度受け入れた難民いなくならない。感情と軋轢と拒絶のループの中で難民の数は増えてゆく。ヨーロッパ社会はイスラムとキリストが争う場へと変質しかねない

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 騒ぐだけだから | トップページ | 「面倒」とは、どういうことか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/62220271

この記事へのトラックバック一覧です: 感情と変質:

« 騒ぐだけだから | トップページ | 「面倒」とは、どういうことか »