« どう関わるのか | トップページ | 自民党の方が多様なのでは »

2015年9月 8日 (火)

何のおびえもなく?...無理だろ?

何のおびえもなく?...無理だろ?

朝日新聞:私がデモに行く理由 なぜ動いたか、若者3人に聞いた
http://www.sankei.com/premium/news/150908/prm1509080003-n1.html

国会で政権が安全保障関連法案の成立を急ぐ中、街頭で若者のデモが日常の景色になりつつある。政治に無関心と言われてきた若者が、なぜ動き出したのか。記者が出会った3人に聞くと、それぞれの経験に根ざす政治への違和感が、日本の将来への危機感にまでふくらんでいた。



「未来の子どもたちが何のおびえもなく学業や仕事に励めない。どこが成熟した国と言えるのか」

「何のおびえもなく」って、無理だろ?

生きているということは、可能性があるということで、逆にいえば失敗する、自分の望みがかなわないと言う可能性があること、悪くすると大丈夫だと思っていたことすらもダメになる可能性があるということで、絶対の安心なんてことはありえなず、どこかに怯えが残ると言うことだ。

絶対の安心が欲しければ、石像にでもなってしまうしかない。

  *        *        *

奨学金や子供達の学習環境に問題がないとは思わない。しかし、他人を説得する(行動を変えさせる)言葉として「未来の子どもたちが何のおびえもなく学業や仕事に励めない。どこが成熟した国と言えるのか」は説得的ではない。少なくとも私には、原理的に無理なことを要求していて、現実を(生き物としての現実を)判っていないとしか思えない

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« どう関わるのか | トップページ | 自民党の方が多様なのでは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/62244002

この記事へのトラックバック一覧です: 何のおびえもなく?...無理だろ?:

« どう関わるのか | トップページ | 自民党の方が多様なのでは »