« 夢と現実 | トップページ | 「戦争法案いますぐ廃案」?無理だから。 »

2015年9月14日 (月)

同化しないと

同化しないと

ハフィントンポスト:難民流入はいつまで続くのだろうか
http://www.huffingtonpost.jp/naoko-fukuda/munich-refugee_b_8129856.html

ジグマー・ガブリエル副首相(SPD、社会民主党)は、「増税なしにあと50万人の難民を受け入れることが出来る」としながらも、「来年もこのような数の難民を受け入れることは不可能だ」と述べた。強まる市民の不安の声に、メルケル首相も「ドイツ社会にとけこまない難民は国外退去となります」と言わざるを得ない。

これはドイツ社会に同化しないと悲惨な結果が見えているということだ。

同化しなければ、ドイツ社会に軋轢が生じ(すでに起こっている)放火などの直接的な排斥活動が勢いを増してしまう。政治的にも排斥を訴える政党が台頭しくることになる。

そして「多文化主義」の方々と受け入れ容認派の方々は重なって見える。難民の同化は(求められるほどには)進まずトラブルが起きると私は予想する。

  *        *        *

しかし、「国外退去となります」と言っても、どこに送還するのだろうか。内戦中のシリアに送り返すことも、ハンガリーなどの経由国に押し付けることも出来はしない。

いったい、ドイツはどうするんだ?

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 夢と現実 | トップページ | 「戦争法案いますぐ廃案」?無理だから。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/62281334

この記事へのトラックバック一覧です: 同化しないと:

« 夢と現実 | トップページ | 「戦争法案いますぐ廃案」?無理だから。 »