« 国会混乱の責任は野党に大きい | トップページ | 平和国家? »

2015年9月18日 (金)

内戦予備軍 vs テロ予備軍

内戦予備軍 vs テロ予備軍

ニューズウィーク:シリア難民を内戦予備軍にしないために
http://www.newsweekjapan.jp/column/sakai/2015/09/post-945_3.php

だから、である。だからこそ、ヨーロッパは、いや国際社会は、難民の受け入れを止めてはならない。難民問題を解決するためにさらなる戦争を声高に叫ぶ人たちが、難民たちを自分たちの都合のいい形で将来の戦士予備軍に育て上げないように、国際社会がきちんと引き取らなければならない。力づくでしか自分たちの正義を通すことができないと、頭に血が上っている域内大国同士がヒートアップしているところで、命が危機に晒されている人々を彼らの代理戦争から守るためには、「戦争をしなくても安全は得られる」と説得できる外交努力が必要である。

難民を受け入れたとしても、難民が受け入れ国に文化的に馴染めなければ、難民は「テロ予備軍」となってしまう。あるいはISILへの志願者予備軍となってしまう。

どちらがマシな未来なのだろうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 国会混乱の責任は野党に大きい | トップページ | 平和国家? »

コメント

埼玉県熊谷市でおこった、ペルー人による
6人殺傷事件で、安易な難民認定や
移民を受け入れるべきではないと思いました。

投稿: にゃ | 2015年9月19日 (土) 17時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/62302295

この記事へのトラックバック一覧です: 内戦予備軍 vs テロ予備軍:

« 国会混乱の責任は野党に大きい | トップページ | 平和国家? »