« 送り返す先のない難民をどうするべきか | トップページ | 「無害通航」として無視も出来るが »

2015年10月27日 (火)

大言壮語

大言壮語

しんぶん赤旗:戦争法廃止 歩み止めない 学者と学生がシンポ開く 1300人の熱気 東京
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-10-26/2015102601_01_1.html

広渡清吾専修大学教授・前日本学術会議会長は「新安保法を実動させない、廃止し、閣議決定も無効にするため、国会に多数派を構築しないといけない」と強調しました。

小林節慶応大学名誉教授は「安倍政権は40%に満たない得票で7割の議席を得た。次の選挙で野党が共同して8割の議席をとれば、すべてが変わる」と展望を語りました。

長谷部恭男早稲田大学教授は「安倍首相は憲法についての自分の好き嫌いを政治に持ち込んでいる。大変危険だ」と批判しました。

「野党が共同して8割の議席をとれば」

8割の議席?

そりゃ変わるでしょうよ。

でも、不可能じゃん。

  *        *        *

こういう大言壮語、できもしないこと、現実とならないことを言う人間や政党は信用できない。政治は夢物語ではない、展望が出来ない(未来予測が不正確な)人間が政治を行なったらどうなるだろうか。太平洋戦争の開戦を決断した日本の指導部のようなことをしでかさないだろうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 送り返す先のない難民をどうするべきか | トップページ | 「無害通航」として無視も出来るが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/62557380

この記事へのトラックバック一覧です: 大言壮語:

« 送り返す先のない難民をどうするべきか | トップページ | 「無害通航」として無視も出来るが »