« ノーベル賞 | トップページ | 論文が掲載されたことの意味 »

2015年10月 7日 (水)

相手をバカと言うだけでは

相手をバカと言うだけでは

毎日新聞:難民中傷:日本人漫画家に批判集中 FBにイラスト投稿
http://mainichi.jp/select/news/20151008k0000m040053000c.html

難民を中傷するイラストを日本人の漫画家がフェイスブック(FB)に投稿し、「極めて差別的」などと国内外から批判が集中した。イラストは、実在するシリア難民の少女の写真と酷似しており、英国在住の写真家からの要請を受け、7日に削除された。

イラストは9月上旬、漫画家の蓮見都志子氏がFBに投稿。少女のイラストに「安全に暮らしたい 清潔な暮らしを送りたい 美味(おい)しいものが食べたい」「何の苦労もなく 生きたいように生きていきたい 他人の金で。 そうだ難民しよう!」などと書かれていた。



ジャーナリストの安田浩一氏は「根底にあるのは他者に対する想像力の欠如。平和に暮らしたいという人として当たり前の感情を否定している」と指摘。生活保護受給者らへのバッシングとも共通し「弱者が権利を主張すると手のひらを返してたたく。日本社会の一部にある気分を反映している」と語った。

問題のイラストは見ました。画家の主張に賛成する訳ではありませんが、批判する側の意見にも賛成はできかねています。

「根底にあるのは他者に対する想像力の欠如。平和に暮らしたいという人として当たり前の感情を否定している」

このイラストを書いた側は、偽装難民ではないかと疑っていますし、仮に本物の難民だったとしても難民を受け入れて苦労する義理が各国にあるのかと言えば、必ずしもあるとは言えないのではないかと思います。

  *        *        *

国家や社会は、受け継いだものです。私たちの国家・社会が内戦状態ではないのは、私達の祖先の働きによるものです。そこへ平和を維持できない人々(or平和な社会を作れなかった人々の子孫)が、「ここは平和だから」とやってきたら、どう思うでしょうか。私達の祖先の成果にタダ乗りしているように思わないでしょうか。

  *        *        *

平和な社会に生きたいという希望や感情は理解できます。しかし、平和な社会を築くことが出来た社会へ移ることは、その社会へタダ乗りしていることでもあるのです。

  *        *        *

こう言い換えてみましょうか。貧乏人の子供が、金持ちの子供に、「食べられて、医療も教育も受けられて、うらやましい」と言っている。どう思うか、と言うことです。金持ちの子供は、どこまで支払うべきでしょうか。

  *        *        *

社会の安定の為に、底辺は低すぎない方が良いです。教育や医療を受けられない人間が多くなると治安が悪化します。社会の生産性が低下します。実利面からも金持ちの子供は援助するべき理由があります。

しかし、「タダ乗り」「他人の金で」というものが出てくるのは避けられません。それを「想像力の欠如」と切って捨てていては説得は出来ないでしょう(≒多数派になれない。民主国家では意見を政策に反映できない)。

  *        *        *

難民援助について、私は実利から考えて判断すべきと思っています。どんな難民援助をすれば、私と私達の子孫に利益があるのか。精神論やカワイソウという感情論を越える議論が見てみたいと願っています。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

2015/10/08 05:10 訂正:
 訂正前:感情論以上の議論が見てみたいと願っています。
 訂正後:感情論を越える議論が見てみたいと願っています。

|

« ノーベル賞 | トップページ | 論文が掲載されたことの意味 »

コメント

全く同感です。ブログ主さまの意見に賛同いたします。
特に、「難民」を「在日韓国朝鮮人」に置き換えると、すごく良く意味が解ります。

投稿: 翠子 | 2015年10月 8日 (木) 07時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/62429766

この記事へのトラックバック一覧です: 相手をバカと言うだけでは:

« ノーベル賞 | トップページ | 論文が掲載されたことの意味 »