« 分裂ではなく無能力が原因では? | トップページ | できるもんなら »

2015年10月23日 (金)

融和と同化に失敗している欧州

融和と同化に失敗している欧州

毎日新聞:スウェーデン:学校を刃物で襲撃、教師と生徒殺害2人重傷
http://mainichi.jp/select/news/20151023k0000m030105000c.html

スウェーデン南部トロルヘッタンの学校に22日、刃物を持ったマスク姿の男が侵入し、男性教師と男子生徒の計2人を殺害し、別の生徒と教師に重傷を負わせた。AFP通信によると男は警官に銃で撃たれ、病院で死亡した。容疑者は地元に住む21歳の男とみられるが、動機は不明。一部地元メディアは、同校は移民が多く、男が移民の増加に反対していたと伝えている。

ドイツでも難民関連の施設への放火が頻発しています。こういっ状況下で、さらに難民を受け入れたら、さらに同様の事件が起きるでしょう。このままでは憎しみの連鎖が始まってしまいかねません。

  *         *         *

学校を襲撃して良い訳がありません、他人を殺傷して良い訳がありません。悪いのは襲撃犯であり放火犯です。しかし、難民や移民を大量に受け入れれば、こういった犯罪をする人間が出てくることは予想可能でしたし、現実になっています。ならば、国家の指導者達、社会を導く者達はどうするべきでしょうか。

襲撃犯・放火犯を非難して終わり、で良いわけがありません。

  *         *         *

数年前、深夜で1人勤務のファーストフード店に頻繁に強盗が入ったことがありました。悪いのは、もちろん、強盗です。

でも、経営者が「悪いのは強盗だ」と言って何もしなかったら、どうなったでしょうか。

  *         *         *

悪いのは襲撃犯であり放火犯です。その人達は心が狭いのかも、おかしな政治思想にかぶれているかもしれません。でも犯罪を止めることが出来なければ、憎しみの連鎖が始まってしまい、欧州は暴力の支配する世界になってしまいます。

そうなることが判っていながら、対策をしないとしたら、それは犯罪行為です。

  *         *         *

対策には2つの方向性があります。ひとつは教育、ひとつは難民や移民の受け入れ制限。教育には時間がかかり、成果も確実ではありません。受け入れ制限では、すでに居る難民についての問題は解決しませんし、他国との軋轢も起きるでしょうが、緩和することが期待できますし、すぐに出来ることです。

欧州は難民移民の受け入れ制限を厳しくするべきでしょう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

2015/10/23 23:10 修正
 修正前: 数年前、深夜で人勤務のファーストフード店に
 修正後: 数年前、深夜で1人勤務のファーストフード店に

|

« 分裂ではなく無能力が原因では? | トップページ | できるもんなら »

コメント

ヨーロッパでは経済難民で来た場合は追い返すそうです。

投稿: kan | 2015年10月25日 (日) 14時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/62531570

この記事へのトラックバック一覧です: 融和と同化に失敗している欧州:

« 分裂ではなく無能力が原因では? | トップページ | できるもんなら »