« 選挙に勝てないのは何故かを問うべき | トップページ | 風化なのか、時間による審判なのか »

2015年10月12日 (月)

心配なのは

心配なのは

中日新聞 社説:中韓接近どう向き合う 週のはじめに考える
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2015101202000115.html

心配なのは、慰安婦問題や戦前、戦中の徴用工に対する補償で、中韓連携の動きが過度に強まることです。首相は七十年談話に込めた思いと今後の政策を、言葉と行動で示す必要があります。歴史認識が政争の具に使われてはならないし、それはどの国民も望むところではないでしょう。

歴史問題が「政争の具」だけに使われているのであれば大きな問題ではあっても、コントロール可能な問題だろう。しかし、韓国で徴用工に対して補償すべきという判決があったように、経済問題(金になる)とか司法の問題になってしまうと、コントロール不能になってしまいかねない。

最悪の場合、実質的な断交状態~中国や韓国に行くと、何をされるか(どんな補償を求められるか)わからないから、ビジネスが出来ない~になってしまいかねない。

断交だけで済めば良いが、そこに領土問題や資源問題が重なると、戦争すら覚悟しなければならなくなる。

心配なのは、歴史問題が経済問題などに波及してしまわないかと言うことだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 選挙に勝てないのは何故かを問うべき | トップページ | 風化なのか、時間による審判なのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/62458330

この記事へのトラックバック一覧です: 心配なのは:

« 選挙に勝てないのは何故かを問うべき | トップページ | 風化なのか、時間による審判なのか »