« 弱い敵に負ける | トップページ | 勝利は終わりでない »

2015年11月10日 (火)

国連はテキトーです

国連はテキトーです

ITmedia:「日本の女子学生の13%が援助交際」国連報告者の発言、外務省が撤回要求
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1511/09/news144.html

ブーア=ブキッキオ氏は「児童売買,児童買春及び児童ポルノ国連特別報告者」として日本を視察し、10月26日の記者会見で日本の少女の性被害について述べた。その中で「女子学生の13%は現在『援交』をやっているというふうにも言われている」などと述べた。

外務省はこれに対し、国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)に対し「13%という数値の情報源と根拠を開示すべき」と抗議。同省によると、OHCHRは数字について「公式な数値を受領したことはない」ことを認めた上、「13%という数字は公開情報から見つけた概算であり、援助交際が緊急に対応すべき事象である点を強調するために言及した」と説明したという。

だが「13%」という数字の根拠と情報源が明確にされなかったため、同省は「全く説得的でなく、発言は不適当かつ極めて遺憾」であり、「国連の肩書きを持つ者が発言することであたかも事実であるかのような誤解を生むことになり、影響は深刻」「情報源も明らかにできないような信頼するに足りない情報を記者会見や報告書で引用することは到底受け入れられない」として発言の撤回を強く求めた。

「公式な数値を受領したことはない」、「公開情報から見つけた概算」、「緊急に対応すべき事象である点を強調するために言及した」

なんか、根拠に欠ける話を言いましたって印象を受けるんですけど。当人は重大で緊急だから、多少根拠レスでも良いと思ったのかもしれませんけれど、根拠レスなのですよね。

  *        *        *

災害時など、確実さに欠けても救助に出発したり避難したりした方が良いような場合もある。数時間の差が救えるかどうかを別けてしまうから。けれど、この場合は違う。議論する時間はある。いや、むしろ、根拠にかける発言をしてしまうと逆効果になりかねない。

  *        *        *

国連の「特別報告者」って根拠レスな話をテキトーにする存在なのでしょうか?

あまり深読みしてしまうと陰謀論になってしまいますから(◯◯国が日本を貶めるため云々...とか)、妄想はほどほどにしないといけません。けれど、国連の「特別報告者」が根拠レスな話を公的な場所で行なったという事は憶えておきたいと思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 弱い敵に負ける | トップページ | 勝利は終わりでない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/62649283

この記事へのトラックバック一覧です: 国連はテキトーです:

« 弱い敵に負ける | トップページ | 勝利は終わりでない »