« 「沖縄の思い なぜ通じぬ」 | トップページ | 政治的に安易な道は »

2015年11月18日 (水)

「最低でも県外」の再来

「最低でも県外」の再来

日本経済新聞:民主幹事長「政府は工事停止を」 辺野古移設
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS18H5I_Y5A111C1PP8000/

民主党の枝野幸男幹事長は18日の記者会見で、米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設問題について「国と沖縄県の訴訟合戦で泥沼化が懸念される。工事の即刻停止を要求する」と述べた。「そもそもこの問題を司法で解決しようという発想が間違っている」と主張。「県民の心情に寄り添うことからすべてが出発する」と強調した。

止めてどうすんのさ?

国外・県外に移転するあてがあんの?

  *        *        *

民主党の「社会党化」が進んでいる。おそらく来年の参議院選挙でも民主党は負けるだろう。そして、民主党は分解するだろう。意味のある野党再編があるとしたら、そのあとではないかと思う。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 「沖縄の思い なぜ通じぬ」 | トップページ | 政治的に安易な道は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/62703244

この記事へのトラックバック一覧です: 「最低でも県外」の再来:

« 「沖縄の思い なぜ通じぬ」 | トップページ | 政治的に安易な道は »