« 「手」があるから | トップページ | 結局はねぇ~ »

2015年11月11日 (水)

憲法は国民のものだと言うのなら

憲法は国民のものだと言うのなら

47NEWS:【平和国家どこへ】 改憲派、1万人集結 「今こそ国民的議論を」
http://www.47news.jp/47topics/e/270860.php

安倍晋三首相もビデオメッセージを寄せ「私たち自身の手で憲法をつくる精神こそ、新しい時代を切り開くことにつながる」と訴えた。

集会では、国民の会の共同代表を務めるジャーナリストの 桜井 (さくらい) よしこ氏があいさつで「戦後70年の今、改正の機は熟しつつある」と指摘。「世界が大きく変化している中、現行憲法では力による現状変更を続ける国にまともに対処できない」と改憲の必要性を語った。

憲法は誰のものだろうか。

もし憲法が国民のものと言うのであれば、憲法について国民投票が一度も行なわれれいない~つまり国民の意見を(直接的には)聞いていない~のは何故だろうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 「手」があるから | トップページ | 結局はねぇ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/62659415

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法は国民のものだと言うのなら:

« 「手」があるから | トップページ | 結局はねぇ~ »