« だけどねぇ | トップページ | 大義については判らないが »

2015年12月21日 (月)

政治的弱者を放置した結果

政治的弱者を放置した結果

日本経済新聞:世界を覆うポピュリズムの弊害
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO95368840R21C15A2PE8000/

「イスラム教徒を排除せよ」など極端な主張をする政治勢力が欧米で勢力を伸ばしている。



人々はどうして極端な発言に引き付けられるのだろうか。英国の政治学者バーナード・クリック氏はポピュリズムを「政治的統合体の外部に追いやられていると考える人々を決起させる運動」と定義する。北海道大学の吉田徹教授は「既存の権力の価値体系を丸ごとひっくり返そうとする『否定の政治』」とみる。

つまり、体制への不満というガスがたまっているところに何らかの発火要因があって初めてポピュリズムの爆発は起きるわけだ。



日本の政治も近年、ポピュリズム的な傾向が見られる。世界の混乱をもって他山の石としたい。

「政治的統合体の外部に追いやられている」つまり、政治的弱者です。政治的弱者を放置した結果、彼等の言葉を無視しつづけた結果がポピュリズムということですか。

  *        *        *

弱者保護はサヨクの十八番と思っていましたが、彼等は何をしていたのでしょうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« だけどねぇ | トップページ | 大義については判らないが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/62909550

この記事へのトラックバック一覧です: 政治的弱者を放置した結果:

« だけどねぇ | トップページ | 大義については判らないが »