« 大義については判らないが | トップページ | 言論の自由と民主化が答えだが »

2015年12月22日 (火)

若者の政治活動について

若者の政治活動について

毎日新聞:政治活動届け出 18歳選挙権にそぐわぬ
http://mainichi.jp/articles/20151222/ddm/005/070/033000c

今年は安保関連法に反対する学生らのデモが注目された。学校側として、活動を把握しなければ不安ということかもしれない。だが、たとえ「活動を妨げるものではない」と説明しても、学校による監視、抑制につながったり「集会やデモへの参加は好ましくない」とのメッセージと取られたりするおそれがある。

確かに新通知は校外の政治活動であっても「必要かつ合理的な範囲内で制約を受ける」とし、場合によっては学校が禁止、制限できるとしている。ただし、そこでは「違法、暴力的なおそれが高い」「学業や生活に支障がある」などの事例が列挙されている。政治活動全般への学校の関与を是認したとは読み取りがたい。

私はジジイだけれども、当然、昔は若かったし上京して働き始めたばかりのころもあった。キャッチセールス的なものに引っかかったり飲みに行ってぼられた事もある。カルトの被害になりやすいのもジジイよりも若者だ。

世間を知らない若者は、カモになりやすいのだ。

  *        *       *

商売の世界と政治の世界、どちらがウソやダマシが多いだろうか。

  *        *       *

私は、18歳選挙権に反対はしないし、若者が政治に興味を持つことは良いことだと思う。しかし、若者が経験不足(世間でのダマシダマサレの経験が少ない)で被害を受けるのではないかと心配だ。

政治の世界で指導的立場の人間なら他人を利用することなんて朝飯前だろう。いや、真のリーダなら他人を利用するなんてみみっちいことはしないかもしれないが、ちょこっと経験があってずる賢くなっている活動家なら若者を利用しようとしても不思議はない。

例えば、学生がやっているということでデモや政治活動が注目されるとする、であれば、学生を表に出しながら裏で操って自分の政治的主張を報道させようとするかもしれない。

  *        *       *

「今年は安保関連法に反対する学生らのデモが注目された。学校側として、活動を把握しなければ不安ということかもしれない」

高校としては生徒が被害を受けるのではと心配だろう。下手にマスコミやネットに露出したりすれば一生その記録が残る。若気の至りですめば良いが、場合によっては人生に大きく影響する。

  *        *       *

18歳選挙権と政治活動の解禁。

私としては、彼等の政治活動そのもよりも彼等が被害を受けることの方が心配だ。届出をしたところで被害を防ぐのは難しいかもしれないが、それでも被害を減らせるなら届出を求めることに賛成だ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 大義については判らないが | トップページ | 言論の自由と民主化が答えだが »

コメント

毎日の言い方なら 高校生が右翼結社に加入してもよいことになります。

海上自衛隊では 雑誌正論を持っていても取り上げられるといっていました。

投稿: 八目山人 | 2015年12月23日 (水) 08時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/62915534

この記事へのトラックバック一覧です: 若者の政治活動について:

« 大義については判らないが | トップページ | 言論の自由と民主化が答えだが »