« 民主主義のコスト、非民主主義のコスト | トップページ | 何年持つですか? »

2015年12月28日 (月)

アメリカの重しは韓国に効くか

アメリカの重しは韓国に効くか

朝日新聞:慰安婦問題、合意なら米が歓迎声明 日韓外相きょう会談
http://www.asahi.com/articles/ASHDW619SHDWUTFK002.html?iref=comtop_6_01

慰安婦問題の妥結に向けて協議する日韓外相会談が、28日にソウルで開かれる。日韓が合意に至った場合、米政府は「歓迎声明」を出す方針だ。複数の日韓関係筋が明らかにした。米国は日韓両政府に対し、合意に至った場合は最終的な妥結とするよう、水面下で強く求めていた。



米政府は、28日の日韓外相会談で慰安婦問題が妥結した場合、合意内容を引用したうえで歓迎する声明を出す考えを、すでに日韓双方に伝えているという。

対立・相互不信があるとき、第三者の立会いや関与を求めることがあります。アメリカとしても表に出て仕切ることは出来ないけれど、「歓迎声明」を出すことで、「蒸し返したら、オレの面子を潰すことになるんだぞ」と脅しというか重しをかけることが出来ます。

  *        *        *

アメリカが「歓迎声明」を出したのに、韓国が蒸し返したらアメリカのメンツをつぶすことになります。でも、それでも韓国は蒸し返すだろうと予想します。そして増々、中国の影響下に入るでしょう。仮に妥結した場合のことですが。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 民主主義のコスト、非民主主義のコスト | トップページ | 何年持つですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/62952676

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの重しは韓国に効くか:

« 民主主義のコスト、非民主主義のコスト | トップページ | 何年持つですか? »