« なんか悪いこと? | トップページ | 政治的日程と核実験 »

2016年1月 6日 (水)

守るべき日本て何?

守るべき日本て何?

毎日新聞 社説:2016年を考える 人口減少と経済 タブーにも「挑戦」の時
http://mainichi.jp/articles/20160106/ddm/005/070/042000c

大幅な社会保障の負担増に給付の削減といった手段もあり得るが、それでは働き手も高齢者も疲弊し、生活の質や経済の活力が損なわれかねない。少子化も一段と進むだろう。

長年タブー視されてきた「政策としての外国人の受け入れ」という選択肢も視野に入れる時ではないか。

外国人労働者や移民の受け入れには、批判や反対がいまだに根強い。日本らしさが失われる、犯罪が増える、さらに最近ではテロリストが入ってくる、といった不安が理由として挙げられよう。

移民の事を考える度に思うことがある。それは、守るべき・未来に引き継ぐべき日本って何だろうかと言うこと。

仮に移民の大量導入で日本経済が良くなったとして、それは「日本」だろうか。遺伝子的には変化している、大量の移民は日本文化も変化させているだろう。

血も文化も変化して、それは「日本」なのだろうか。

  *        *      *

具体的な何を「守るべき日本」「未来に引き継ぐべき日本」であるか私には判らない。しかし、血も文化も引き継がない人間を自分の子孫であるとは思えない。

移民を受け入れるなら、移民を「日本化」することが最低条件だ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« なんか悪いこと? | トップページ | 政治的日程と核実験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/63012645

この記事へのトラックバック一覧です: 守るべき日本て何?:

« なんか悪いこと? | トップページ | 政治的日程と核実験 »