« 変えられないと思っているから真剣にならない | トップページ | これは小沢さんが正しいが »

2016年1月 3日 (日)

決定的証拠に欠けるので

決定的証拠に欠けるので

朝鮮日報:【コラム】慰安婦問題の蒸し返し拒む安倍首相、歴史の真実を覆い隠すな
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/01/02/2016010200463_2.html

ドイツのノーベル文学賞受賞作家ギュンター・グラスは、そんな母国に対し良心の回復を訴えた。彼は自伝『玉ねぎの皮をむきながら』で、敗戦後、真実をしっかりと包んでいた「隠ぺいの玉ねぎの皮」をむいた経験を紹介している。彼は若いころ、ユダヤ人虐殺を全く知らなかったと書いた。「私は死体の山、焼却炉を見た…信じられなかった」。米軍が見せてくれた白黒写真で、ついに惨状を目撃した少年のころのグラスは絶叫した。「ドイツ人があんなことをしたって? ドイツ人はあんなことはしていないよ」。グラスは、このように過ちを隠そうとした祖国をしかりつけ、自身もナチス少年団に加入していたことを告白した。このような努力が重なって今のドイツになったのだ。

「従軍慰安婦」について日本側に納得していない人間が多いのは、引用した記事で示されたような決定的証拠に欠けているから。

  *        *      *

日本が行なったことが全て正しいとは思わないし、悪いことをひとつもしていないとも思わない。けれども、謝罪しろ賠償しろと言われ続けなければならないほどの事をしたとも思わない。なぜなら決定的な証拠を見ていないから。

  *        *      *

証言者は決定的証拠とならない。

誰かの証言だけで誰かを有罪とすることは出来ない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 変えられないと思っているから真剣にならない | トップページ | これは小沢さんが正しいが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/62992851

この記事へのトラックバック一覧です: 決定的証拠に欠けるので:

« 変えられないと思っているから真剣にならない | トップページ | これは小沢さんが正しいが »