« できることは、あまりない | トップページ | 元々友達いないですから »

2016年1月 7日 (木)

ドイツと難民の将来を決める性犯罪

ドイツと難民の将来を決める性犯罪

AFP:ケルンの性犯罪事件、メルケル首相の移民政策に批判高まる
http://www.afpbb.com/articles/-/3072411

ドイツ西部ケルン(Cologne)で先月31日夜に多数の女性が性犯罪被害を受けた事件を受け、アンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相への圧力が高まっている。野党は首相の寛容な移民政策が事件の背景にあると批判している。

ケルンの警察当局はAFPの取材に対し、女性たちから痴漢をはじめレイプ2件を含む100件以上の苦情申し出を受けたと語った。いずれも、ケルン中央駅とケルン大聖堂の付近で大みそかを祝う人々が狙われたもので、同じ集団による犯行とみられている。

被害者らが、加害者について「アラブ系または北アフリカ系」の外見をした男たちだったと述べていることから、ドイツが昨年受け入れた約110万人の亡命希望者と共生できるのかをめぐる論争が過熱している。

人間は動物だ。理性や思想や宗教を持ってはいるが食べなければ死ぬし自分の子供は(他人の子供より)大切だし、縄張りやつがいの相手を奪われそうになると血が逆流する。

女性に対する(異民族からの)攻撃には本能的に反応するのが男というものだ。女性も自己防衛本能が働くだろうし(自分の娘に対する攻撃なら)通常では考えられない行動をするものだ。

  *        *        *

こういった移民・難民からの女性に対する攻撃を防止できなければ、ドイツはリベラルの側から民族主義の側に極端に振れるだろう。そして、私には防止できるようには思えない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« できることは、あまりない | トップページ | 元々友達いないですから »

コメント

NHKの「クローズアップ現代」では
2日間に渡り外国人労働者自由化を
認めましょうという特集をやっていました。
ケルンで起きた、移民たちによる性犯罪に
日本人が危機感をもたせないよう目をそらすために
急きょ特集を組んだのでしょう。

投稿: にゃ | 2016年1月 8日 (金) 13時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/63022878

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツと難民の将来を決める性犯罪:

« できることは、あまりない | トップページ | 元々友達いないですから »