« 平和だなぁ~ | トップページ | 今となっては »

2016年1月23日 (土)

自由化と安全と格差拡大

自由化と安全と格差拡大

河北新報:ずさんなバス事業/監査の強化だけで十分か
http://www.kahoku.co.jp/editorial/20160122_01.html

規制緩和の代償として、乗客の命が危険にさらされるのでは本末転倒だろう。

格安ツアーバスというビジネスモデルを根本から問い直すとともに、参入条件の厳格化など入り口規制の検討にも踏み込む必要がある。

バス事故で亡くなられた方のご冥福と怪我をされた方の快癒を祈ります。

  *        *       *

自由化すれば、さまざまな商品やサービスが提供されるようになる。その中には高価で安全なものも、安価で危険なものもあるだろう。もちろん、最低限の品質や安全を維持するための規制を残したとしてもだ。何故なら新しい商品やサービスには新しい危険があるからだ。それを事前に知る方法はないのだから。

  *        *       *

ガチガチの規制をしたところで「絶対安全」にはならない。バス業者よりもはるかに監視されていた原発でも事故が起きたのだ。

電力自由化でもバスの自由化と同じようなトラブルが起きうる。そして問題なのは、電力網は相互に結合しており、一部の安価で低品質な電力会社が全体の品質に影響を与えてしまうことだ。

  *        *       *

自由化すれば、危険な商品やサービスが出てくる。それを事前にではなく、事後に、つまり起きてから対応するのが自由化だ。自由化で出てくるメリット(新商品には危険だけではなくメリットもある)が、起きうる危険のデメリットよりも大きいなら自由化は選択肢になる。

自由化すれば格差も広がる。選択肢が広がれば成功と失敗の差も大きくなって当然だ。

  *        *       *

自由化にはデメリットがある、それは確かだ。しかし、絶対安全であることを要求したら、人間は何も出来ない、人間のすることに絶対はないのだから。

  *        *       *

私達は、規制され(絶対の安全ではないが)未知の危険にさらされない社会と自由化され様々なサービスがあるが未知の危険もある社会の間をふらふらと歩くしかないのだろう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 平和だなぁ~ | トップページ | 今となっては »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/63105214

この記事へのトラックバック一覧です: 自由化と安全と格差拡大:

« 平和だなぁ~ | トップページ | 今となっては »