« イスラムの貧困は続く | トップページ | 文化の違い »

2016年1月21日 (木)

ならば改憲すべきでは?

ならば改憲すべきでは?

中日新聞 社説:首相「改憲」発言 改正ありきは慎まねば
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2016012102000114.html

とはいえ自民党がまとめた改正草案は、緊急事態の宣言時に、国会議員任期の延長に加え、内閣が法律と同じ効力を持つ政令を制定できることや、一時的な私権制限を認めることを盛り込んでいる。

憲法は主権者たる国民が権力を律するためにある。いくら非常時とはいえ国会から立法権を奪ったり、基本的人権を侵害する憲法を認めるわけにはいかない。

与党内では衆参同日選の可能性も取り沙汰されるが、その間「緊急事態」が起これば、国権の最高機関たる国会が機能しなくなる恐れがある。改憲派は、だからこそ改正が必要だと言いたいのだろうが、国民のことを考えるなら、そもそも同日選は理屈に合わない。

そうであるならば、衆参同日選を禁止する憲法改正を行なうべきではないですか?

現在の憲法では、権力者の意志だけで同日選挙という危険行為を行なうことが出来ます。憲法が「国民から権力者へのもの」で「権力者を縛るもの」でるなら、憲法に「同日選挙は禁止する」と書くべきではないですか?

  *       *       *

同日選挙で、国権の最高機関たる国会が機能しなくなる恐れがあるなら、答えは3つで同日選挙を禁止するか、緊急事態が起きたとき大きな犠牲(多数の死者)が出ることを受け入れるか、緊急事態の宣言を認めることです。

  *       *       *

犠牲を受け入れる以外の方法は、なんらかなの形で憲法改正が必要です。引用した中日新聞の社説は、憲法か命かどちらが大切かと問いかけ、そして、命は憲法よりも軽いと言っている、と解釈できなくもありません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« イスラムの貧困は続く | トップページ | 文化の違い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/63097088

この記事へのトラックバック一覧です: ならば改憲すべきでは?:

« イスラムの貧困は続く | トップページ | 文化の違い »