« 普天間固定化への道 | トップページ | 刑務所と認知症 »

2016年1月26日 (火)

本能には本能で、

本能には本能で、

ハフィントンポスト:メルケル首相「多文化主義は完全に失敗」ー今この発言に注目すべき理由
http://www.huffingtonpost.jp/yuki-murohashi/merkel_b_9063112.html

難民の急激な流入を防ぐために、欧州委員会が提案しているような域外との国境管理や難民の負担分配はしなければならない。

しかし、本当に重要なのは、ドイツ国民がどう異文化を受け入れるかだ。「受け入れるべきだ」と盲目的に言っても意味はないし、メルケル首相を責めても解決はしない。動物の本能でいえば、異なるものには拒否反応を示す。しかし、理性によって、異文化をどこまで許容できるのか、ドイツ、そして世界中が直面している。ここから目を背けても何も解決しないだろう。

「動物の本能でいえば、異なるものには拒否反応を示す。しかし、理性によって、異文化をどこまで許容できるのか」

ダイエットは人間の本能に逆らう。食べたいものは食べたいのだ。しかし、人間にはモテたいと言う本能や長生きしたいという本能もある。そういった本能を使ってこそダイエットは成功する。

  *        *        *

人間は、本能的に「異なるものには拒否反応」を示すけれども、仲間と認識した人間を助けよようとする本能もある。

難民や移民を「仲間」と認識させる、難民や移民に地元の人間を仲間と認識させる。そうすることが出来れば、本能を本能で制することができるだろう。

  *        *        *

国旗・国歌を尊重することと、あるいは国王(天皇陛下)への敬意の表明。こういった事は人間の仲間意識を刺激する。建国した瞬間からの多民族国家であるアメリカがさまざまなイベントで国旗を振り回すのは偶然ではありません。

  *        *        *

本能を理性だけで制御できる人間なんて、極めて少数だ。何か別の本能を利用して制することが必要だ。

どんな本能をどう利用するか、そこを考えるのは理性で、その本能を利用することの副作用を予測するのも理性だけれど。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 普天間固定化への道 | トップページ | 刑務所と認知症 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/63123322

この記事へのトラックバック一覧です: 本能には本能で、:

« 普天間固定化への道 | トップページ | 刑務所と認知症 »