« 国家は国民の為にあるので | トップページ | 切られているのは政治家だけではない »

2016年2月23日 (火)

トランプ氏だけではなく、アメリカだけでもない

トランプ氏だけではなく、アメリカだけでもない

毎日新聞:独「極右」党首 「銃使っても難民阻止を」…発言が波紋
http://mainichi.jp/articles/20160223/k00/00m/030/072000c

ドイツの右派政党党首が「緊急時には銃を使ってでも(難民の)入国を阻止すべきだ」と発言し、波紋を広げている。旧東独がベルリンの壁を越えようとした人に加えた銃撃を想起させる発言は厳しい批判を浴びたが、独国内で「極右」と批判される党の勢いは3月の地方議会選に向けて増すばかりだ。



ペトリ氏は「記者に誘導された」などと釈明。22日に開いた外国メディア向けの記者会見でも、「私は法的な見解を述べただけ。国境を守るため、あらゆる平和的な手段が取られるべきだ」と火消しに努めた。

だが、発言直後の世論調査では、29%が難民入国阻止のための武器使用を「正当」とし、発言を支持した。



ドイツでは3月、17年総選挙の前哨戦として注目される3州の議会選がある。AfDは、どの州でも初となる議席獲得が確実視されている。ミルケ名誉教授は、このうち2州について「AfDの躍進で(中道左派の)現与党は過半数を失う」と予測している。

「極右政党」が躍進する。そして、暴力的な発言も許容されてしまう。ちょっと前まで考えられないことです。

  *        *        *

ドイツは野蛮な国ではありません。ヨーロッパでも世界でも多民族化・多文化の進んだ国であり、今回の難民の大量発生でも多くの難民を受け入れている進歩的で寛容な国です。その寛容な国で、こういう発言が許される(30%程度の支持率がある)のです。

  *        *        *

世界は右傾化しています。というか宗教や民族の違いで互いに争う。20世紀前半以前の状況というか、ここ数十年の、そういったもので争うことを止められるという思想(理想)が非現実的だったということでしょう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 国家は国民の為にあるので | トップページ | 切られているのは政治家だけではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/63251081

この記事へのトラックバック一覧です: トランプ氏だけではなく、アメリカだけでもない:

« 国家は国民の為にあるので | トップページ | 切られているのは政治家だけではない »