« トランプ氏だけではなく、アメリカだけでもない | トップページ | 中身が変わらないとね »

2016年2月23日 (火)

切られているのは政治家だけではない

切られているのは政治家だけではない

朝日新聞 社説:衆院選挙制度 政権党の身を切る責任 2016年2月23日(火)付
http://www.asahi.com/paper/editorial.html#Edit1

アダムズ方式が完全なやり方ではないにせよ、自民党がただちに導入に応じれば、おおむねの合意は形成できる。

自民党が否定的なのは、より多くの現職議員が定数減の影響を受けるからだ。

自ら約束した身を切る痛みを引き受け、合意につなげる。これこそ政権党の責任である。

約束したことを実行するのは大切なことだけれど、国会議員の定数削減を「身を切る」などと言うのは反対だ。失業する政治家が痛いのは確かなことだけれど、同時に、国会に送り込める国民の代表が減ることになるのだから。

  *       *         *

民主主義では、国民が議会に代表を送り、議会が行政を監視する。議員数が減って監視の目が減って喜ぶのは誰だろうか。

代表の数がへることは、一人の議員が獲得しなければならない有権者の数が増えることを意味する。これは少数派の切り捨てに繋がらないだろうか。

  *       *         *

約束を護ることは大切だけれど、議員定数を減らすことを無条件で歓迎することは出来ないし、それを理由に自民党を攻撃することにも賛成できない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« トランプ氏だけではなく、アメリカだけでもない | トップページ | 中身が変わらないとね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/63251136

この記事へのトラックバック一覧です: 切られているのは政治家だけではない:

« トランプ氏だけではなく、アメリカだけでもない | トップページ | 中身が変わらないとね »