« 憲法九条は有効か | トップページ | トランプ氏だけではなく、アメリカだけでもない »

2016年2月22日 (月)

国家は国民の為にあるので

国家は国民の為にあるので

産経新聞:「ご飯のクオリティ酷い」「私たちは動物ではない」不法在留外国人、国費負担の収容生活「改善」求めハンスト
http://www.sankei.com/west/news/160222/wst1602220004-n1.html

「私たちは動物ではありません、人間です」。不法在留で国外退去を命じられ、大阪入国管理局で出国までの収容生活を送る外国人が2月、ハンガーストライキに打って出た。提供される食事や医療面の待遇が劣悪だ、と不満を爆発させたのだ。それぞれの理由で日本に残りたいと願う彼らは、帰国を強いる入管に「人権侵害だ」と反発を強め、「私たちの命にもっと強い責任をもってほしい」と訴えている。入管によると、不法在留外国人は6万人を超える。当然のことながら、収容施設の運営には国費が投じられている。処遇はどうあるべきなのか。

国家は国民の為にあるので、外国人の為にあるのではありません。不法滞在の人間の福祉は出身国の政府が責任を持つべとしか思えません。食事などに不満があるのであればとっとと帰国すれば良いのにとか思えないのですが。

  *        *        *

残酷なようですが、国家は、動物のナワバリにも似ていて、他の群れのメンバーが入ってきたら排除しようとするのです。

人間は、動物ではありませんが、動物としての本能や行動から自由ではありません。

  *        *        *

「それぞれの理由で日本に残りたいと願う彼らは」

国に帰りたくない、帰ると虐待される。そんな話を聞くと日本国民で(色々問題はあっても、他国に逃げなくても良いので)良かったと思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 憲法九条は有効か | トップページ | トランプ氏だけではなく、アメリカだけでもない »

コメント

1食 1000円、400円、0円 という風に、メニュ分けしてあげたら良いのでは? 帰国しないといけない身分なのに、タダで飯が食えるありがたみが分かるだろう。 

投稿: 北極星 | 2016年2月24日 (水) 15時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/63249721

この記事へのトラックバック一覧です: 国家は国民の為にあるので:

« 憲法九条は有効か | トップページ | トランプ氏だけではなく、アメリカだけでもない »