« 主権者って良いもの? | トップページ | 押し付け憲法論 »

2016年2月 6日 (土)

「見捨てよ」と言っておかなければ

「見捨てよ」と言っておかなければ

しんぶん赤旗:戦争法、危険が浮き彫りに 予算委論戦 志位氏が感想
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-02-05/2016020502_02_1.html

南スーダンPKO(国連平和維持活動)の自衛隊の任務拡大問題で、同国が深刻な内戦・武力紛争に陥っていることが直近に至る国連報告書でも明瞭であるにもかかわらず、政府が現場をつかんでいないことは非常に深刻だと強調。「任務拡大をすれば『殺し、殺される』危険が生まれてくることが浮き彫りになった」と重大さを指摘しました。

自分は自衛隊をPKOに出すことに消極的だ。積極的な反対はしないが。

  *        *       *

PKOに「『殺し、殺される』危険」があることは認めるし、そんなことを自衛隊にさせたくはないし、日本政府が完璧な情報を掴んでいるとも思っていない。自衛隊をPKOに出すことに消極的になるに十分だ。

しかし、PKOを出さなければどうなるだろうか。「同国が深刻な内戦・武力紛争に陥っている」のであれば、現地では、より多くの人々が死ぬことになるだろう。

  *        *       *

PKOを出すことに反対するならば、2つのうちどちらかを言わなければならない。

ひとつめは「PKOなんて無駄な努力だ」、ふたつめは「日本人の命が危険になるくらいなら、現地の人間が死んでしまっても放置するべきだ」。

  *        *       *

PKOが有効でない場合もあるだろうけれど、PKOは国際社会の努力の一部であり、まったく無駄ということはないだろう。つまり、PKOを出すことに反対することは「◯◯国の人間を見捨てろ。死んでしまってかまわない」と言っていることになる。

  *        *       *

共産党は、表立ってはではないが、「見捨てろ、死んでしまってもかまわない」という意味のことを言っているのだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 主権者って良いもの? | トップページ | 押し付け憲法論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/63171210

この記事へのトラックバック一覧です: 「見捨てよ」と言っておかなければ:

« 主権者って良いもの? | トップページ | 押し付け憲法論 »