« マンネリドラマ | トップページ | 価値観・判断基準を議論し教えること »

2016年2月17日 (水)

戦争への道

戦争への道

NHK:中国政府 ミサイル部隊展開確認避ける
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160217/k10010412601000.html

中国軍が南シナ海の西沙諸島の島に地対空ミサイル部隊を展開させていると指摘されていることについて、元海上自衛官で中国の軍事情勢に詳しい東京財団の小原凡司研究員は「昨年10月にはアメリカ軍に南シナ海で航行の自由作戦と呼ばれる活動でイージス艦を派遣されたが、中国は何もできず先月にもすでに2回目の航行の自由作戦が行われている。中国はこのままでは国内世論が持たず対抗措置を示す必要があった」と指摘しました。

対外的な計算や損得勘定ではなく、国内世論や国内での政争によって軍事的に強硬な行動をする。これは、「ふつー、開戦しないだろー」という予測を裏切る結果を招きます。

  *        *       *

損得を考えたら、中国共産党の存続を考えたら、日本やアメリカと戦争なんてしない。尖閣諸島や南シナ海では睨み合っても衝突はさける。それが合理的な判断だったとしても(その認識を中国共産党の多くが持っていても)、共産党内部での政争に勝つために強気でいることが求められ、軍事的に強硬であることが求められ、その結果、軍事的に衝突してしまう。こういったことが起きてしまうかもしれません。

  *        *       *

不良グループ、いや不良にかぎらないけど、集団になると個人ではやらないことをやってしまう。集団内での立場を維持するために無茶をしてしまう。よくあることです。中国共産党が特別に理性的で合理的なら起きないでしょうが.....

  *        *       *

紛争・衝突・戦争、起きることを望んではいませんが、覚悟と準備はしておくべきだと思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« マンネリドラマ | トップページ | 価値観・判断基準を議論し教えること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/63227534

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争への道:

« マンネリドラマ | トップページ | 価値観・判断基準を議論し教えること »