« 格差と貧困は別問題ではないか | トップページ | 欠けているもの »

2016年3月17日 (木)

甘え

甘え

新潟日報 社説:「新電力」破産へ 自由化への信頼揺らいだ
http://www.niigata-nippo.co.jp/opinion/editorial/

新料金への申込件数は全国で約23万件に達した。しかし、今回のような撤退や廃業が続けば、新電力への信用が損なわれ、頭打ちになる恐れがある。

仮に契約後に業者が破産したとしても大手電力が対応し、停電などのトラブルが起こる心配はない。しかし、消費者の金銭的負担が増す懸念は拭えない。

自由化は、料金の抑制やサービス向上、太陽光や風力など再生可能エネルギーの育成といった効果が期待されている。

電力網は一つだから倒産したところで電気は流れてくるだろうけれど、「契約後に業者が破産したとしても大手電力が対応し、停電などのトラブルが起こる心配はない」ってのはどんなもんなんでしょうか。そりゃ、消費者としては安心だろうけれど、そういったことのコストを負担するのは誰なのだろうか?

  *         *        *

自分としては新電力の業者と消費者が保険的な何かをしていて、大手電力会社やその契約者は負担しないと信じたい。

  *         *        *

しかし、どちらにしても契約相手が倒産した場合、停電や金銭的なものなどの負担が発生するのは当然のことだ。取引相手を間違えたら損をする。人類が商売・取引・交換を始めた時からの決まりごとだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 格差と貧困は別問題ではないか | トップページ | 欠けているもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/63359766

この記事へのトラックバック一覧です: 甘え:

« 格差と貧困は別問題ではないか | トップページ | 欠けているもの »