« 反乱 | トップページ | 憲法九条変えたら戦争になるという思い込み »

2016年3月 3日 (木)

結局は

結局は

朝日新聞:政治的公平性「視聴者が一つの判断基準」 NHK会長
http://www.asahi.com/articles/ASJ335RQMJ33UCVL012.html

高市早苗総務相が、政治的公平性を欠く放送を繰り返したと判断した際に、放送法4条違反を理由に放送局に停波を命じる可能性に言及したことについて、NHKの籾井勝人会長は3日の定例会見で、「国民の知る権利に応えるため、放送法にのっとって公平公正、不偏不党、何人からも規律されず、放送にあたっていきたい」と話した。

政治的公平性の判断については、「外から見てではなく、私ども制作者が番組を作りながら公平公正を求めていかないと保てない」といい、「視聴者がどう思っているかが、我々の判断の一つの大きな基準になると思う」と語った。

「視聴者がどう思っているか」

視聴者って国民のことだよね。NHKにしても外国人の為に放送している訳でもないだろうし、視聴者の多くは日本国民なのだから。

憲法によると「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し」とありますので、国会で選ばれた首班(首相)の指名した総務大臣の判断も重視しないといけませんね。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 反乱 | トップページ | 憲法九条変えたら戦争になるという思い込み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/63295392

この記事へのトラックバック一覧です: 結局は:

« 反乱 | トップページ | 憲法九条変えたら戦争になるという思い込み »