« 「日本死ね」は..ねぇ~ | トップページ | スウェーデンを良い国と思うとき »

2016年3月11日 (金)

九条改正と戦争と平和

九条改正と戦争と平和

しんぶん赤旗:“惨劇語り9条守る” 東京大空襲71年で追悼集会
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-03-11/2016031114_01_1.html

川杉元延実行委員長があいさつし、「言問橋では両側から逃げた人々がひしめき、風にあおられ業火(ごうか)が走り、一瞬のうちに人が焼けただれ、7000人以上が亡くなった。いま憲法の平和主義が骨抜きにされ、9条改憲まで危惧されている。戦争の惨劇を語り継ぎ、惨禍を繰り返さないため憲法9条を輝かせ、活動を続けていく」と訴えました。

私は憲法九条改正に賛成だけれど、戦争をしたいと思っている訳ではない。私も平和を望んている。憲法九条改正を望んでいるから戦争をしたがっているという思い込みはやめてもらいたい。でないと話もできない。

  *        *        *

九条改正イコール戦争、自衛隊は殺人者、軍備増強イコール戦争。そういった単純な考えでは多数派にはなれなず長期的衰退の道を歩むことになるのは日本社会党が教えてくれている。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 「日本死ね」は..ねぇ~ | トップページ | スウェーデンを良い国と思うとき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/63331971

この記事へのトラックバック一覧です: 九条改正と戦争と平和:

« 「日本死ね」は..ねぇ~ | トップページ | スウェーデンを良い国と思うとき »